わきがの予防はどこまでできるのか?

わきがは遺伝で決まる

ノアンデ

 

自分がわきが体質なのかどうかということは遺伝で決まるため、根本からわきがになることを予防することはできないと考えた方がいいかもしれません。

 

しかし、わきがは発症する年齢があるようですので、もともとわきが体質であっても発症していなければ、わきが独特の強い臭いを生じる可能性は下がると考えていいでしょう。

 

五味クリニックの五味医師は長年わきがの手術をしていて、最近はわきがの原因となる汗腺(汗の出どころ)であるアポクリン汗腺が大きくなっており、その原因は食生活の欧米化ではないかと語っています。

 

ということは、食生活の改善がわきがの発症を遅らせることにつながるので、これがわきがの予防につながるのではないかと考えられます。

 

また、すでにわきがを発症している人であっても、食生活その他の改善によって、臭いの強さを減じることがある程度は期待できると考えられます。

 

わきがの臭いは、脇の下にあるアポクリン汗腺や皮脂腺から出る分泌物(タンパク質や脂肪など)が、皮膚に存在する最近の働きで分解されて生じます。

 

ノアンデ

 

ということは、アポクリン汗腺から出る分泌物を減らすことができれば、臭いをある程度、予防できる可能性があると考えられるわけです。

 

そして、分泌物を減らすためには、分泌物の元になりやすい食べ物を摂り過ぎないようにすることが1つの予防法になると考えられます。

 

わきがの予防効果が期待できる食事

 

動物性タンパクを含む肉類や乳製品をたくさん摂ると、アポクリン汗腺から出る臭いの元も多くなる傾向があるようです。

 

したがって、こうした食品を好んで食べているのであれば、ある程度、控えるようにすることが予防法の1つになります。

 

また、アルカリ性食品を摂ると、血液のphが中和される効果が期待でき、これもわきが予防につながるようです。

 

アルカリ性食品とは基本的に野菜や果物、きのこなどを指していますが、要するに、世間で言われるところのバランスの良い食事をするように努めるのが良いのではないか、ということです。

 

 

汗腺の働きを改善する

 

現代はエアコンのおかげで快適な生活ができていますが、その影響で、汗腺の働きが低下しているということです。

 

特に、手足の先は脳から遠く、機能低下が起こりやすいため、こうした部位を入浴の時に改善する方法があります。

 

42度くらいの熱めのお湯を浴槽に張り、ひじから上、膝から下の部位だけを10分程度、浸かっておくと、これらの箇所の汗腺が活性化するということです。

 

また、ランニングやサイクリングなどの有酸素運動も一般的に効果があると言われています。

 

わきがの臭いの元になるアポクリン汗腺の数は遺伝で決まるため、完全にコントロールしたければ手術で取り除くしかないですが、こうした予防法をマメに実行することで、多少の効果は期待できるでしょう。

 

効果が生じるまでの対処法

 

予防法の効果が生じるまでのつなぎとして手っ取り早い対策が、デオドラント剤を使うことです。

 

デオドラント剤と言うと、ドラッグストアなどで市販されている制汗剤を思い浮かべる方が多いかもしれません。

 

こうした制汗剤は文字通り「汗を制する」ためのものですが、わきがの臭いの原因は、汗に含まれる分泌物を細菌が分解することであるということは、先ほどご説明したとおりです。

 

しかし、制汗剤は汗を抑える成分が中心なので、細菌を殺菌する成分が含まれていません。細菌を殺菌する成分も同時に配合しているのがわきが専用に開発されたクリームです。

 

わきが専用に開発されたクリームではノアンデがおすすめです。

 

ノアンデは、買ってから効果を実感できない時、120日以内であれば購入代金を返金してくれます。定期購入コースを利用しても1回で解約できますので、こうした製品を試してみるのもいいかもしれません。

 

わきがは遺伝で決まると最初に言いましたが、これは手術で取り除くこともできます。ただし、手術は色々とハードルが高いので、制汗剤やクリームなどのデオドラント剤で急場をしのぐ人が多くいるわけです。

 

わきがを予防するのはなかなか難しい面がありますが、様々な方法を実践して効果を試してみてください。

 

 

どんな方法も、実践してみないと結果は分かりません!頭で考えているだけでなく、実際にやってみましょう!